• 40%OFF
  • 挨拶状
  • 法事・引き出物について
  • 無料カタログ請求フォーム
  • スタッフ紹介

出棺(仏式葬儀・告別式)

告別式が終わると出棺にのぞみます。
柩に「別れ花」を入れ、釘打ちの儀を行い、柩を運び出します。

重要事項

  • 「別れ花」で遺体をかざる
  • 出棺時は必ず遺族があいさつをする
  • 柩の運び方は地方によって異なる
  • 世話役は残って後片づけをする
お香典返しランキング


基本

遺体のまわりを「別れ花」で

柩告別式が終わると、祭壇から柩をおろして
頭を北に向けて置き、柩のふたをあけます。

遺族・近親者を中心に、親しかった、友人、知人が最後の対面をしていきます。

そのあと、葬儀社が祭壇の供花からつんでおいた花を、喪主、遺族、近親者、友人の順に渡していくので、ひとり一輪ずつ柩に入れてまわりを飾ります。この花を、「別れ花」といいます。

最近では、別れ花を一輪しか入れないことも多く見受けられますが、
花を入れることは一般的になっています。
この最後の対面のことを「お花入れ」「花入れの儀」とも呼びます。

会葬者のなかには、最後の対面を望んでいても、
なかなか言い出せない人もいます。
遺族や近親者はできれば声をかけ、
また申し出があれば参加してもらいます。

禁物

燃えないものは柩に入れてはいけません

土葬のときは、故人が愛用していた品を副葬品として
柩に入れる習慣がありましたが、
火葬をするいまでは、禁止されているものが数多くあります。
火葬場の施設に影響が出て、
あとで修理費用を請求されたケースがあります。
金属品、ガラス製品、陶磁器など燃えないものは入れないようにします。

めがねなどの小物は、火葬のあと骨壷へ入れるとよいでしょう。

※ 別れ花は、故人のまわりを飾るか、一輪だけ入れる場合もある

最近の傾向

小石で釘を打つ儀式は行わないことも

最後の対面がすんだら、柩のふたをとじて「釘打ちの儀」を行います。
ふたに半分打ってある釘を、喪主、遺族、
近親者の順に小石で2回軽く打つ儀式です。

この石は、三途の川の河原の小石を意味し、
無事にわたれるようにとの願いを込めたものです。

全員が打ち終わると、葬儀社の手で釘は完全に打ち込まれます。
ただし、宗派や地域によって打つ回数が異なったり、
この儀式を行わないこともあります。
釘を使わない柩では、省略されます。

また、火葬場によっては火葬前に故人と
最後の対面ができないところがあります。
出棺時に心をこめて最後のお別れをしましょう。

お香典返しランキング


こちらも重要

柩を運び出すのは男性6人が一般的

柩を運びだすとき、関東では遺体の足を前、
関西では頭を前にすることが多いようです。
家から霊柩車まで歩くときは、僧侶を先頭に、
位牌を持った喪主に準じる遺族が柩を先導しますが、
柩が先頭になることもあります。

柩は、故人にお世話になった近親者や友人など、
男性6人の手で運ぶのが一般的です。

しかし、宗派や地域によっては、玄関から柩を出すことを避けたり、
運び出すときに故人が愛用していた茶碗を割ったりと、
出棺の方法はまちまちです。
葬儀社の指示、地域の習慣にしたがいましょう。

※ 関東では柩は故人の足を前に、両側3人ずつ6人の男性で持つのがならわし

出棺時のあいさつは必ず遺族が行う

出棺柩を車に乗せたら、喪主あるいは遺族代表は、
会葬者に必ずお礼のあいさつを述べます。
時間は長くても3分が目安です。
あいさつの内容は、基本的には次のような構成です。

  1. 会葬者へのお礼
  2. 故人に対する生前の厚誼へのお礼
  3. 故人の業績や人柄。故人への思い、生前のエピソード
  4. さしつかえなければ亡くなったときの状況
  5. 今後の遺族に対する付き合い、支援のお願い

喪主があいさつを述べてえる場合は、喪主の代理が位牌を持ち、
遺影を持った遺族とともに会葬者のほうへ向いて並びます。
あいさつが終わったら、深々と一礼します。

出棺後は世話役が残り後片づけをする

世話役代表は火葬場に同行しますが、
ほかの世話役は会葬者とともに出棺を見送り、後かたづけをします。

自宅葬儀の場合は受付を撤去し、
火葬場から戻ってきた人が身を清める塩と手水を用意。
祭壇の後飾りをし、精進落としの準備も進めておきます。

【喪主の出棺あいさつ例】(故人の長男)

「ご会葬の皆様、本日はお忙しい中、
父○○の告別式にご参列くださいまして、まことにありがとうございます。
おかげさまで式も滞りなく執り行うことができました。
父の霊も深く感謝していることと存じます。
父は2年前から病を得て入退院をくり返し、
そのたびに一喜一憂してまいりましたが、
去る8月10日午前11時20分、国立赤十字病院にて80歳の生涯を閉じました。

(以下、故人の業績・人柄、エピソードなどを添える)

ここにあらためて生前皆様から賜りましたご厚情に対し、心よりお礼申しあげます。
また、一言のごあいさつもできずに急逝いたしました父に代わり、
皆様がたのご健康とお幸せをお祈りしながら、最後のお別れを申しあげます。
今後とも変わらぬ支援・ご愛顧を賜りますように、よろしくお願い致します。
本日はまことにありがとうございました。」

通夜・葬儀当日 一覧

香典返し

喪家・葬儀まで

弔問客

通夜・葬儀当日

キリスト教式葬儀

神式葬儀

他・葬儀

法要・供養

社葬

その他

ページの先頭へ

葬祭マナー集:通夜・葬儀当日についてのマナーをご紹介します