• 40%OFF
  • 挨拶状
  • 法事・引き出物について
  • 無料カタログ請求フォーム
  • スタッフ紹介
  1. 香典返し.JP トップ
  2. 葬祭マナー集
  3. 香典返し
  4. 香典返しと忌明けのあいさつ状

香典返しと忌明けのあいさつ状

お香典返しは忌明けのあいさつ状を添える

香典というのは、元々葬儀にかかる金額の負担が大きい遺族の心中を
少しでも費用的にだけでも軽くするために、相互で補いあうものでした。
本来はお返しなどをする必要はないのですが、現在では忌明けの
あいさつ状に添えて品物を送るのが一般的になっています。

香典返し基本的には、故人の勤務先や所属団体名義の香典には香典返しをする必要はありませんが所属単位でまとめて香典を受け取った場合は、ビール券などを贈っても良いでしょう。

忌明けは、仏教では三十五日か四十九日、神式では三十祭か五十日祭です。

キリスト教では、プロテスタントが1ヶ月後の召天記念日のあと、カトリックでは追悼ミサのあとにお返しするのが一般的になっています。

一家の大黒柱(世帯主)が亡くなった場合には、お香典返しをしないこともあります。
(又は、いただいたお香典に対して1~2割程度の少額のお返しでよいとされています)

お返しする商品は、後に残らない消耗品(お茶、食べ物石鹸)が一般的です。
最近の香典返しは、先方にカタログから好みの品を選んでもらう
カタログギフト」という形式も増えています。
贈られた側が、必要なものや欲しいものを選べるのが人気の秘密です。

お香典返しランキング


いただいた香典の金額別に品物を三種類程度用意

香典返しの金額は、「半返し」といって半額を目安にお返しをするのが一般的です。
しかし、香典の額は何種類かにわかれるので、すべてに対応するのは大変です。
そこで、三種類くらいの品物を用意して、香典の金額に応じて品物を送るようにします。
(二千円、五千円、一万円など)

品物が消耗品がよいとされているのは、お返しの品には後に残らないように
使いきりのものを送るという習慣からきています。

即日返し(即返し)

最近では、通夜や葬儀の式場その場で渡す「即日返し」も増えています。
香典帳の整理が不要ですし、配送料もかからないのが理由です。

ただ、相手の香典の金額が不明なのに品物をわたすことになるので、
とりあえず一律の金額のものになります。その際は、二千~三千円が一般的です。
高額のお香典をいただいた方には忌明け後に、別の品をおくるようにします。

香典返し 一覧

香典返し

喪家・葬儀まで

弔問客

通夜・葬儀当日

キリスト教式葬儀

神式葬儀

他・葬儀

法要・供養

社葬

その他

ページの先頭へ

葬祭マナー集:香典返しについてのマナーをご紹介します